電子マネーチャージはクレジットカードが人気

電子マネーは少額の決済時に便利として人気があります。
クレジットカードだと店員に渡しレシートにサインをして…という工程があります。
しかし電子マネーは、レジにある端末にカードをかざすだけ。
サインをする必要はないので、決済に時間がかかりません。
カードを店員に渡さないので、悪用される心配がないのもメリットです。

電子マネーには、二つの種類があります。
ひとつは後払い方式の電子マネーです。
利用分は紐づけたクレジットカードからの支払いとなるため、あらかじめチャージをしておく必要はありません。
残高不足で使えない…といったことがないため、人気の電子マネーとなっています。
代表的なものはiDやQUICPayです。

もうひとつは先払い方式の電子マネーです。
あらかじめチャージをしておかないと、利用することができません。
利用時に残高不足にならないようにする必要があります。
代表的なものはWAON、Edy、nanaco、Suicaなどがあります。

先払い方式の電子マネーへのチャージは店舗レジや専用のチャージ機などで行うことができますが、人気なのはクレジットカードによるオートチャージです。
一定の残高になると、自動的に紐づけたクレジットカードからチャージが行われるという仕組みです。
クレジットカードでのオートチャージ設定をしておくと、残高を気にせずに使うことができるとして人気です。
また電子マネーのオートチャージ時に、クレジットカードポイントを獲得できる点も人気の要因です。
現金チャージ時にポイントをもらえることはありませんので、クレジットカードでオートチャージをした方がお得ということになります。
チャージ時のポイント+電子マネー利用時のポイントと、ダブルでポイントを獲得できるわけなのです。

電子マネーは専用のカードで使えますが、人気なのはクレジットカードに付帯している電子マネーです。
わざわざ電子マネーカードを持ち歩く必要がありませんので、財布の中のカードを増やさずにすみます。
また電子マネーとクレジットカードの併用がしやすいメリットもあります。
コンビニでは電子マネー、スーパーではクレジットカードなどと支払い方法を分けていても、クレジットカードと電子マネーが一つになっていると使い分けがしやすくなるのです。

電子マネー付帯するクレジットカードは増えていますが、現在人気なのはどのようなものがあるのでしょうか。
いくつか紹介していきましょう。

■楽天カード

電子マネーの中で、一番使える場所が多いのは楽天Edyです。
今ではどのコンビニでも使えますし、ドラッグストア、スーパーなどでも使える店舗が多いです。
1枚持っていると便利な電子マネーとして人気です。

楽天Edy付帯のクレジットカードで、人気なのは楽天カードです。
同じ楽天グループということで、楽天Edyとは相性が良いクレジットカードとなっています。

楽天カードは100円に1ポイント付与で、還元率は0.5%になります。
ただ楽天カードへのチャージポイントは、200円に1ポイントと還元率が0.5%と半分になってしまいます。
満額の1.0%たまれば良いのに…と思ってしまいますが、これでも改善されています。
以前は楽天Edyへチャージができても、ポイント付与対象外だったのです。
200円に1ポイントとしても、ポイントがたまるだけ良いと言えるでしょう。
また楽天グループは多くのキャンペーンを開催しており、楽天Edyへのチャージでポイントアップといった企画も行っています。
キャンペーンを利用すれば、電子マネーチャージでより多くのクレジットカードポイントを獲得することも可能として人気です。

楽天カードは街中の楽天加盟店では、最大ポイント3倍となります。
個人的に嬉しいのはENEOSでポイント2倍になること。
100円に2ポイント付与となりますので、ガソリンカードを持たなくてもお得に給油ができてしまいます。
そして楽天市場では、いつでもポイント4倍となります。
ポイント還元率が高いクレジットカードでも、ポイント還元率は1.5%程度でしょう。
楽天市場では、一番多くのポイントを獲得できるクレジットカードとも言えます。
楽天市場を使うなら、外せないクレジットカードなのです。

楽天カードは楽天Edy以外の電子マネーへのチャージもできます。
人気なのはnanacoへのチャージ。
nanacoチャージは100円に1ポイント付与になりますので、還元率1.0%のポイントを獲得できると人気です。
ただnanacoチャージで1.0%のポイント付与があるのは、JCBのみとなります。
VISAとマスターカードの楽天カードは、nanacoチャージではポイント獲得ができません。
同じクレジットカードでも国際ブランドにより、電子マネーチャージ時の条件が異なる場合もあるということですね。
nanacoチャージをする可能性があるなら、楽天カードはJCBブランドを選択するのが良いでしょう。

■イオンセレクト

近年勢力を強めている電子マネーがWAONです。
以前はイオングルーブでしか使えない電子マネーというイメージがありましたが、今ではコンビニやドラッグストアなどでも使えるようになり人気です。

WAONはイオンが開発した電子マネーというこで、イオンカードと相性が良いです。
中でも人気のWAON付帯クレジットカードは、イオンカードセレクトです。
イオンカードセレクトにはWAONが付帯しているだけでなく、オートチャージが可能というメリットがあります。
イオンカードにはWAON一体型などがありますが、WAONへのクレジットカードチャージには対応していません。
WAONにオートチャージができるクレジットカードは、イオンカードセレクトくらいしかないのです。

そしてイオンカードセレクトはWAONへのオートチャージで、200円に1WAONポイントを獲得することができるクレジットカードとしても人気です。
レジでWAONチャージをしている人を良く見かけますが、損をしているなぁと思います。
イオンカードセレクトでオートチャージをすれば、ポイントがたまりお得なのに…と他人事ですが教えてあげたくなってしまいます。

ただ一つ他のクレジットカードと異なるのは、電子マネーチャージにたまるポイントがクレジットカードポイントではないことです。
WAONチャージ時に付与されるのはイオンカードのときめきポイントではなく、WAONポイントとなります。
WAON付帯のイオンカードセレクト会員なら、たまるのがどちらのポイントでも問題はないでしょう。

イオンカードセレクトはイオン銀行のキャッシュカード機能も兼ね備えています。
人気の特典が、普通預金金利の優遇です。
現在は0.12%となっており、どの金融機関の普通預金金利と比較しても高くなっているのが特徴です。
少しでも金利は高い方が良いですから、これは大きなメリットでしょう。

イオンカードセレクトは200円に1ポイント付与となり、還元率0.5%です。
しかしイオングループで使うと、いつでもポイント2倍です。
還元率1.0%になりますので、年会費無料クレジットカードとしては優秀となるでしょう。
またイオンカードセレクト会員になるとイオングループ店舗では、毎月20日と30日はお会計が5%オフになる特典があります。
イオンカードセレクトで決済をすれば5%割引+クレジットカードポイントを獲得できるのでお得だと人気です。
WAONを日常的に使うのであれば、イオンカードセレクトはおすすめでしょう。

■イオンJMB

クレジットカードを利用し、マイルを貯める人は多くなっています。
クレジットカードポイントをマイルに交換したり、ダイレクトにマイルがたまるクレジットカードを利用することにより、ショッピングでもマイルを貯められるようになります。
クレジットカードがあればそれほどフライトをしなくても、マイルを貯めることができるというわけです。
マイルがたまりやすいクレジットカードは、人気が高くなっています。

電子マネーを使っている人は、電子マネーでもマイルを貯められたらいいのに…と思うのではないでしょうか。
そんな人におすすめなのが、イオンJMBカード(WAON一体型)です。
クレジットカードだけでなく、WAONを使うたびにJALマイルをためらられるとして人気があります。

イオンJMBカード(WAON一体型)は、JALマイレージバンクとイオンカード、電子マネーWAONの機能を持ったクレジットカードです。
イオンJMBカード(WAON一体型)は、WAON利用時は200円に1マイルの付与となります。
ダイレクトにJALマイルをためられるのが特徴です。
たまったクレジットカードポイントを、わざわざJALマイルに交換する手間がないとして人気です。
また毎月5日・15日・25日のお客さまわくわくデーでは、200円に2マイルが付与されます。
還元率が2倍になりますのでお得ですよね。
イオンJMBカード(WAON一体型)はクレジットカードの支払でも200円で1マイル付与となりますが、お客さまわくわくデーでマイル付与率が2倍になるのはWAONでの支払いのみとなりますので注意をしましょう。

イオンJMBカード(WAON一体型)でたまったマイルは、WAONへ交換することも可能です。10,000マイル→11,000マイルとなります。
WAONへ交換すると10%ポイントがアップしますので、通常のWAONよりもポイントを貯めやすいと言えるでしょう。

イオンJMBカード(WAON一体型)は、WAONへのオートチャージが可能な数少ないクレジットカードとしても人気があります。
しかし残念なのは、WAONへのオートチャージがマイル付与対象外となってしまうことです。
WAONへのオートチャージでポイントが獲得できるのは、今のところイオンカードセレクトのみとなっています。
電子マネーチャージでもポイント付与がされるようになれば、最強のクレジットカードになると言えるでしょう。

■オリコカード

後払い式の電子マネーで人気なのは、iDとQUICPayです。
どちらも利用場所が多く、使いやすい電子マネーです。

iDとQUICPayどちらも付帯しているのが、Orico Card THE POINTです。
オリコカードはiDとQUICPayをダブル搭載しているクレジットカードが多いのですが、その中でも人気が高くオリコカードイチオシのクレジットカードとなっています。
店舗によってはiDは使えてもQUICPayは使えない(その逆もアリ)ということもありますが、ダブル搭載のクレジットカードがあれば電子マネーが使えずしぶしぶ現金で支払う…ということがなくなります。

電子マネーは少額決済がしやすいメリットがあります。
100円くらいしか買わないのに、わざわざクレジットカードを出すのもな…と思うときがありませんか?
「こんな少額でクレジットカードを使うなんておかしな客だ」なんて思われるのもイヤですよね。
そんなときに登場させたいのが電子マネーです。
電子マネーはレジ端末にかざすだけで決済ができ、少額決済に向いていると人気です。

iDとQUICPayは後払い方式の電子マネーなので、チャージをする必要はありません。
利用分はクレジットカードからの請求となります。
電子マネーで高ポイントを獲得したいなら、ポイント還元率が高いクレジットカードに紐づけるのがおすすめとなります。
そこで人気となっているクレジットカードが、Orico Card THE POINTなのです。
Orico Card THE POINTは100円に1ポイント付与となり、還元率は1.0%。
さらに入会から6ヶ月間は、ポイント還元率が2倍となります。
年会費無料クレジットカードなのに、ポイントがたまりやすいと人気なのです。
iDとQUICPayを使った分も、1.0%~2.0%のポイントを獲得することができてお得です。
クレジットカードと電子マネーを使い分けたいなら、おすすめのクレジットkカードでしょう。

Orico Card THE POINTは、インターネットショッピングでもポイントがたまりやすいクレジットカードとして人気があります。
オリコモールでは通常のボーナスポイント+0.5%の加算があり、最大15.5%のボーナスポイントを獲得できます。
ネットショッピングをする人は多くなっていますから、Orico Card THE POINTはこれからますます人気のクレジットカードとなりそうです。